やまのかみ眼科

電話をかける

検査設備

  日・祝
9:00-12:30 /
14:00-20:00 / / / /
※ご予約は不要です。お気軽にご来院ください。
  • 駐車場
    21

  • 月水金
    20時まで

  • 日帰り
    手術可

  • 子供用
    検査室あり

やまのかみ眼科では、患者さまが安心して治療を受けれるよう、最先端の検査設備を導入し、
検査による患者さまの負担を少しでも軽く出来るような設備環境を整えております。

検査機器

  • LCD視力検査装置(ハイブリッド)

    今までの視力検査ではできなかった0.1以下の指標の表示や、絵の指標や特殊指標など様々な種類の表示ができます。

  • 細隙灯顕微鏡

    目の診察の時に使います。拡大鏡を利用し、主に前眼部を観察します。 結膜、角膜、前房水、虹彩、瞳孔、水晶体等が観察でき、後極部の状態を観察することもできます。

  • 視野検査

    ハンフリー視野計、ゴールドマン視野計の二つを使い分けます。見える範囲(視野)を調べる機械です。

  • 光干渉断層像(OCT)

    網膜の断層画像を撮影する検査です。 網膜のむくみ(浮腫)の程度や出血の範囲・深さなどを見ることができ、正確な診断と治療につながります。

  • 光干渉式眼軸長測定装置

    白内障手術の際に眼内レンズを挿入します。眼内レンズの度数決定のために重要な目の長さ(眼軸)を痛み無く正確に測る装置です。

治療機器

  • 網膜光凝固レーザー

    網膜の様々な疾患に対して使用します。

  • YAGレーザー

    眼内レンズを入れている袋(後嚢)が濁ってきた際に濁りを取るために使います。他にも緑内障のレーザー治療の際にも使います。

  • CO2レーザー

    まぶたの手術の際に使います。出血が少なく術後の腫れが従来の方法より減ります。

  • 白内障手術装置

    最新型の次世代型白内障手術装置とも言われる「センチュリオン・ビジョン・システム」という機械です。

  • 手術用顕微鏡

    従来の手術用顕微鏡よりさらに見やすくなりました。