やまのかみ眼科

電話をかける
  日・祝
9:00-12:30 /
14:00-20:00 / / / /
※ご予約は不要です。お気軽にご来院ください。
  • 駐車場
    21

  • 月水金
    20時まで

  • 日帰り
    手術可

  • 子供用
    検査室あり

遠視

近視とは逆に、眼の奥行き(眼軸)が短い事を遠視と言います。
遠視の場合は、見たいものよりも遠くにピントがずれてます。
そのため、ピントを合わせる力(調節力)に余力があるときは調節力を使ってピントを合わせることができるので、ものが見えます。
自分では「視力がいい」と思っている人の中にも一定数遠視の方が混ざっています。
若い頃は裸眼で見えたのになぁ、最近疲れる、とお悩みの場合は遠視の可能性があります。
調節力を使わなくてもピントが合う様にする眼鏡を使うことで解決しますので、お困りの方はご相談さい。

子供の遠視は弱視になりうる

遠視の場合は、見たいものよりも遠くにピントがずれてます。
遠視が強くて自身の調節力ではカバーできない場合は、ぼやけた像しか網膜に映らないため、細かいものを判別する能力が育たなくなります。
細かいものを判別する能力は8歳ぐらいで完成すると言われていますので、それまでに適切な対応をしていないと、一生眼鏡をかけても視力が出ない眼(弱視)となります。
子供は調節力が非常に強いので、強い遠視があってもわかりにくい事がよくありますので、遠視が疑われる場合や裸眼視力が出にくいは精密検査をおすすめします。
当院ではこのような子供の検査・訓練を専門とする視能訓練士が3名常駐しておりますのでお気軽にご相談ください。